食育

薪でご飯

春に田植えをしてから、はやお米の収穫となりました。
近隣農家さん(山田農園さん)のご厚意により、田植えのみならず新米の試食までさせてもらいました。
しかも、竈(かまど)で薪を焚いて。

文明の利器を使わずに、火を熾し薪をくべて、しかも煙に負けず・・・
くさいけど、意外といい匂い!
そのうち、ご飯の炊きあがるいい匂いがまわりに立ち込めてきました。

みんなの歓声とともに、ふっくら美味しいご飯ができあがりました。
ご飯ってこんなに美味しいのかと言わんばかりの食べっぷりでした!

ひとあし早く

もうすぐハロウィンですね。
ひとあし早く、可愛くて美味しいハロウィンがやってきました。
食べるのがおしいくらい。
カボチャも入って栄養満点!

春の食材

「これ何だ?」

「たけのこ!」「正解!!」

散歩でも発見したため身近な物に感じたようです。そこで

「どうやって食べるの?」「皮むく」「切る」

までは出てくる答えです。

そこでまずは触れてみよう!

「ふわふわ」「かたいね」など話してくれました。

次は皮をむいてみよう!

「手がくっさ~」「まだむくの?」と

今しか出会えない食材に触れ

色々と感じた時間でした。

これからも今を大切にして色々な

活動をすすめていきたいと思います。

(5歳児 あおぐみ)