紙粘土で遊ぼう!

さて問題です。これは一体なんでしょうか?

実は子どもたちの紙粘土での作品。ランプシェードです。

紙粘土を使って、何が始まるかと興味津津。

まずは、紙粘土を袋から出して、コネコネ。ビヨーンと引っ張ります。

この粘土は、柔らかく伸びやすいので使いやすく、指先の発達にもおススメなんです。

さてさて、手にも馴染んできたら・・・着色開始!

真っ白な粘土が好きな色に、混ぜ方次第ではマーブルにもなります。

着色後は土台のプラスチックコップに飾っていきます。

コップ全体が飾られたら、ストローや指で穴を開けていきます。

その穴から光が見える仕組みです。

みんな集中したし、なにより楽しんで作っていく事が出来ていました。

「ランプシェードって何?」「実はみんなの作品はこうなるよ!いくよ」

部屋の電気を消してライトを点灯。「わ~」「きれい!」

この作品を使って12月のお楽しみ会を盛り上げていく予定のあおぐみです。

クリスマスの雰囲気も感じてもらえるかな?

楽しく参加できる活動をどんどん取り入れていきたいと思います。(5歳児)